肝臓と代謝

肝臓の有名な機能はアルコールの分解だと思うのですが、実は基礎代謝にも大きく関わっていることは知っておくべきです。肝臓は、体重の50分の1程度の重さでしかありませんが、人間の体の中でエネルギー消費される基礎代謝の約27%は肝臓で行われています。それだけ多くのエネルギーが必要な器官であるということができます。

 

実際、肝臓は取り込まれた食物の栄養素を代謝し、有害な物質は解毒し、その他にもエネルギーを貯蔵して利用sできるようにしたり、様々な機能を果たしています。肝機能を正常に保つことが、代謝を落とさないために重要であり、実は全身の健康や肥満防止のためにも要となっている器官なのです。

 

肝臓にとって困るのは、脂っこいものや炭水化物ばかりといった食事や、アルコールの過剰摂取です。これらは肝臓で分解したり代謝するために時間がかかるため、肝臓にとって負担が大きいのです。

 

肝臓に負担がかかった状態が長く続くことで、「脂肪肝」と呼ばれる中性脂肪が過剰に肝臓に蓄積する状態を招いてしまいます。脂肪肝の原因にはアルコールや食べ過ぎなどが主なものですから、食事の習慣には注意しないといけません。また、逆に極端な食事制限をすることによって低栄養性脂肪肝という症状を招くこともあります。

 

肝臓の働きを正常に保つためにも、栄養バランスの良い、また規則正しい食事が大切になります。健康のためにも、ダイエットのためにも、肝臓を大切にする生活習慣を心がけるようにしてください。

 

おすすめは>>>肝臓エキスランキング@肝臓に有能な肝臓エキス配合サプリ集めました!