こどもがなりやすいヘルペスとは

ヘルペス性歯肉口内炎(しにくこうないえん)というものがあります。これは、ヘルペスウイルスに生まれて初めて感染した乳幼児にとって最も多い症状となります。

 

いきなり39度前後の高熱が出てきてしまい、口の中には痛みを伴うような水疱ができてしまい、歯茎も腫れ上がり出血したりする症状です。発熱の状態が長時間続いてしまうようなことは滅多にありません。でも、強い痛みのために食べ物が食べられなくなることもあります。

 

乳児の頃は脱水症状というものを起こしやすいために、重症となれば入院して点滴治療(てんてきちりょう)をする必要も出てきます。熱が段々下がってきて、口の中の症状が治ってくるまでには、だいたい1週間から10日ほどかかってしまうこともあるようです。

 

一旦かかってしまったならば、二度とかかることはありませんが、その後、「口唇ヘルペス」といって、唇周辺に水疱ができてしまう病気を起こしてしまうこともあります。

 

通常、アトピー性皮膚炎の子供というのは皮膚の抵抗力がとても弱く、ヘルペスウイルスに感染してしまうと、アトピー性皮膚炎の症状が出ている場所にさらに水疱が広がってしまったりして、なにかと重症化しやすいようです。通常であれば、限られた範囲にしかあらわれることのないヘルペスですが、まるで水ぼうそう[水痘(すいとう)]にかかったかのように、どんどん水疱が広がってしまいます。

 

そのことから、アトピー性皮膚炎の子供のヘルペスというのは、「カポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)」と呼ばれているようです。アトピー性皮膚炎の子供がヘルペスにかかってしまった場合、ヘルペスを触ってしまった手でアトピー性皮膚炎の炎症が起きている場所に触れると、そこへウイルスをうつしてしまうこともあります。

 

ですので、細心の注意が必要となります。他にも、アトピー性皮膚炎だけに限らず、あせもやおむつかぶれ等、慢性的な皮膚疾患をもっている場合についても、同様の注意が必要です。

 

ヘルペスサプリの効果ランキング@口コミ人気はどれ?