フケで抜け毛の原因がわかる?

頭皮が乾燥すると、フケのように頭皮の角質がポロポロ落ちる場合があります。このような頭皮状態は抜け毛が増えてしまう可能性が高いので、効果的な対策が求められます。一般にフケには二種類あって、脂漏性のベタベタしたフケと、頭皮が乾燥することで生じるフケがあります。

 

脂漏性のベタベタしたフケは、皮脂の過剰な分泌によって出るものですから、しっかりと皮脂対策をすることが重要です。食事に気をつけることはもちろん、皮脂を落としすぎたことによる皮脂の過剰分泌にも注意を払いましょう。

 

頭皮の乾燥によって生じるフケは、細かくパラパラと出てくるもので、すぐにわかります。これらは頭皮の皮脂が不足するために生じているのですが、頭皮が乾燥する原因は紫外線や、食生活の偏り、ストレス、季節的なもの、シャンプーによる皮脂の落としすぎなどが考えられます。

 

通常、頭皮は皮脂量が多い部位でもあるので乾燥することはないのですが、いろんな要因が重なったり、過剰に皮脂を落とそうとした結果乾燥を招くこともあるのです。

 

また、加齢も頭皮の乾燥を進める要因になり、女性は30代〜40代ころから気づかないうちに肌がドライになっていることもあり、頭皮についても同様です。これはホルモンバランスの変化によるもので、ある程度は仕方ありません。

 

こうしたフケの状態は注意深く見ることで頭皮の状態を知ることに繋がります。正しくわかっていると対策も早く打てるようになり、結果として抜け毛を防ぐことになりますから、フケが少し目だってきたら、嫌がるばかりでなくしっかりと調べてみるようにしましょう。参考:http://xn--08j4ksd4c6064a2ul.net/