コエンザイムQ10サプリメントおすすめランキング

コエンザイムQ10の吸収率を知る

 

コエンザイムQ10が含まれているサプリメントをはじめとした商品を多く見かけるようになり、使用されている方も増えていることでしょう。非常に多くの効果があり、老若男女問わず効果が期待できる成分であり、医薬品だった過去もあるほど効果的で、さらに副作用もないとなれば使ったほうが得策です。

 

生活習慣病や高血圧などの予防、冷え性や肩こりの改善などにも効果がありますが、それ以上に期待されるのは美容面の効果になります。肌の老化防止、アンチエイジングなどを期待して利用される方が多く人気です。では、このコエンザイムQ10の商品の吸収率というのをご存知でしょうか。

 

もちろん吸収率がいいものの方が、より高い効果を期待できますのでそういった商品を利用するようにしましょう。コエンザイムQ10にはそもそも、酸化型と還元型という大きく2つの種類に分けられますが、吸収率が高いのは還元型になります。

 

還元型というのは摂取してそのまま吸収されます。もう一つの酸化型は摂取した後に一度還元型に変わって吸収されることで効率も悪く、吸収力も低くなります。還元型はコエンザイムQ10の新しい形として今では多くの商品が増えてきたので種類を見極めて利用しましょう。

 

そして肌への効果を得たいのであれば分子量に注目してください。今ではナノ化したコエンザイムQ10の商品が多くなっていますが、ナノ化することによって肌への吸収率が非常に高まります。食品からの吸収率が非常に悪いといわれているコエンザイムQ10ですので、サプリメントをはじめとしたその他の商品でサポートして効果を実感してみてください。

 

コエンザイムQ10の低吸収率について

 

コエンザイムQ10という成分が注目を浴びはじめ、耳にしたことがある方も多いでしょう。身体の表面上の美肌効果やアンチエイジング、肌の老化防止などを始め、身体の内面である心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病の予防、免疫力を高めることで風邪などの予防にも効果があります。

 

また、脂肪燃焼に効果があるのでダイエットや冷え性、肩こりにも効果があります。これだけの効果を期待することができるので老若男女の多くが嬉しい健康成分です。このコエンザイムQ10は普段の生活の中でも食品によって摂取することが可能といわれていますが、実は食品に含まれている量は微量です。

 

鰯の場合でしたら1日20匹、牛肉でしたら1日3kg以上を摂取しないと必要量には達しませんが現実的に無理でしょう。ですので、足りない分をコエンザイムQ10のサプリメントなどで補えば必要量に達するでしょう。

 

ただ、摂取する際に気をつけてもらいたいのがコエンザイムQ10は非常に吸収率が低く、脂溶性である為に水には溶けにくい成分です。サプリメントを摂取した場合、経腸吸収率は5%と考えていてください。これは100mg摂取しても5mgしか吸収されないということです。

 

だからといって、多量摂取すればいいということではなくカルチニンやαリポ酸などと併用して摂取することで吸収率が高まります。用量は守りながら、吸収率を高める方法を試すようにしてください。このように摂取をするのに多少の工夫が必要になりますが、身体に取り入れれば身体の内部から外部まで幅広い効果を期待することができるはずです。

 

還元型のコエンザイムQ10とは

 

実はコエンザイムQ10には種類があるのを知っていましたか?酸化型と還元型と分かれております。今では還元型のコエンザイムQ10が出てきましたが、以前はほとんどのサプリメントは酸化型のコエンザイムQ10でした。

 

簡単な違いを説明すると、そもそも体内でつくられているものなので還元型であれば体内に取り入れてすぐにその働きをします。一方の酸化型は体内に取り入れてから一度、還元型に変化してからコエンザイムQ10の働きをしますが、段階が違うだけで同じなのではと思うでしょう。

 

しかし、加齢、体力や免疫の低下などによって還元型に変化させる割合が減ることがあります。ですので、酸化型のコエンザイムQ10で効果がなかったという方も、還元型だったら効果が出たという方も沢山いらっしゃいます。

 

コエンザイムQ10の歴史は意外と長く、30年以上前に製造されたものではありますが、還元型はそれだけの時を経て作られたものになりますので効果も期待できます。

 

また疲れなどはもちろんですが、激しいスポーツをする方も老若関係なく酸化型の効果が薄いと感じていらっしゃる方が多くいます。そういった方は、還元型を取り入れてみてはいかがでしょうか。ただ、もちろん酸化型コエンザイムQ10も効果が全くないというわけではなく、疲れやストレスなどを感じていないのでしたら同じような効果が期待できることはまず頭に入れておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報